So-net無料ブログ作成
検索選択
結婚について考えてみた ブログトップ
前の5件 | -

祝☆結婚40周年 [結婚について考えてみた]

3月23日は両親の結婚記念日でした。
春休みに帰省するのがちょうどその日に決まり、
ふと思い立ったこと。

…お兄ちゃんが今39歳。
ということは、もしや今年って結婚40周年では!?

これは何かしないわけにはいかないわ、と
慌てて兄にメール。
こうしてサプライズ作戦が始動したのです。

兄夫婦がプレゼントを用意してくれて、
私は記念の色紙を用意。

結婚40周年.jpg
こんなのです。
写真やシールでそれらしく飾り、
メッセージも作成しました。

以下、本文。
――――――――――――――――――――――――

結婚40周年おめでとうございます。

結婚40周年は「ルビー婚式」。
ルビーの赤く深い色のような
夫婦の深い信頼を表しているそうです。

40年間という長い間には
楽しいことばかりではなく
大変なこともたくさんあったと思いますが、
お二人が夫婦として仲良く過ごしてくださったおかげで
今の私たちがあることに心から感謝しています。

これからも二人とも元気で長生きしてください。
50年目の金婚式を願って。

2013年3月23日 家族一同
――――――――――――――――――――――――

そしてお食事でもセッティングしようと思っていたのですが
お店を探して予約するのも不自然だし…と
兄と二人で頭を悩ませ、
結局以前行ったことのある中華料理屋さんに
甥っ子が行きたがっている、という設定にしました(笑)

さて決行当日。
食事を始めるときに、なんと母が
「今日、お母さんたち結婚記念日なのよね」と言い出してしまったのです!
兄と私は顔を見合わせ、苦笑い。
でもそのタイミングでプレゼントのコーヒーカップと色紙を渡すと
「こんなの用意してくれてたの!」と
とても喜んでくれていました。

25周年の銀婚式のときは、若造すぎて(苦笑)何もしてあげられず、
気づけば30周年も過ぎてしまい。
毎年贈り物はしていたものの、
基本、自分たちの生活で精一杯で
いつもお世話になりっぱなしで心苦しく思っていました。
今回ようやく、少しだけお祝いらしいことができてよかったです。

そして10年後の金婚式には
みんなで旅行でもしよう、と盛り上がったのですが、
10年後って…。
甥っ子は18歳!姪っ子とゆきぽんは15歳!ぽーちゃんは11歳!
想像しただけで、兄嫁と大騒ぎしてしまいました(笑)
18歳になった甥っ子が、祖父母の金婚式旅行に
果たして付き合ってくれるのかな…?


両親が結婚してくれたおかげで今の私がいる。
そしてその後も円満でいてくれたおかげで、
大手を振って実家に帰省させてもらえる。
そういうことを、この頃よく考えます。

九州男児で亭主関白。
平日の帰りは遅く、休日は疲れて家でゴロゴロ。
もちろん家事の手伝いはしない。
そんな父と、よく40年も続いたね、母よ。

私が思春期でも父を嫌わず、
ずっと尊敬することができているのも、
母のおかげだと思っています。
夫を立てる、九州女の鏡です。
でも決して黙っているわけではなく、
言いたいことは言うところが
さすが私の母。

今は休日のたびに二人で出かけて
「今日は●●(映画のタイトル)を観てきました」とか
「今●●(お店の名前)に来てるよ」などと楽しそう。
時々ケンカした、なんて話も聞きますが
大体夫婦円満でなによりだ、と
不肖の娘は安心するのです。

これからも夫婦で長生きしてね。

そんなことをしみじみと考える
バースデー・イブでした。

結婚記念日でした [結婚について考えてみた]

昨日、11月22日は私たちの結婚記念日
2006年の夜中、日付が変わってから
区役所に婚姻届を提出しに行ったのを思い出します。

あれから6年。
今年は「鉄婚式」。
「鉄のように強く、苦難に負けない人生を」だそうです。
苦難…苦難かあ。
もちろん悩みや心配事はありますが、
「苦難」と言うほどのことは今のところないかな?
これからもないといいな…。

結婚記念日のお祝いに、去年は家族3人でささやかな旅行へ。
今年はさらにささやかに、近場にお食事にでも行きたいなあと
思っていますが、子どもたち次第ですね…。

最近、平日も休日もお構いなしに(当たり前)
朝6時頃に覚醒してしまうぽーちゃん。
お付き合いでリビングに降りてきて、
今やっと寝てくれたので、その隙の更新でした。
そろそろダンナ様とゆきぽんも起きてくるかな?
主婦のフリータイムは短い…。

両親の結婚記念日 [結婚について考えてみた]

120323_163451.jpg
今日は幼なじみがお母さんと一緒に遊びに来てくれました。
お母さんにお会いするのはかなり久しぶりですが、
幼稚園の頃からの付き合いなので、
初めてゆきぽんを見て
「ま〜小さい頃の○○ちゃん(私)そっくり!」と
言ってました(笑)


可愛いお祝いももらったよ♪
夏には彼女もママになる予定。
やっぱりママ似の女の子かな?楽しみだね☆


今週で産後三週間経ったので、「床上げ」して
昼間は起きてゆきぽんの相手をしたり、簡単な家事手伝いをしたりしています。
なのに、ここ一週間、
ぽーちゃんは鼻づまりのせいで夜あまり寝られず。
先日は夜中に授乳→寝る→寝かせると泣く→抱っこ→の繰り返しで延々4時間。
久しぶりにヘロヘロで気が遠くなりそうでした…。
やっぱり体力衰えてるな。当たり前だけど。


さて今日は両親の結婚記念日
毎年プレゼントを贈るのですが、今年は用意できなかったので
ささやかながら夕食をご馳走してみました。


39年前に二人が結婚して、兄と私が生まれ、
ゆきぽんとぽーちゃんに繋がってるんだね。
今まで夫婦仲良くしてくれてありがとう。
この帰省中も甘えっぱなしで申し訳ないので
来年の40周年記念には何かしたいな、と考えています。

遠距離結婚、1か月経過。 [結婚について考えてみた]

120216_150621.jpg
早いもので、帰省してからまる1か月が経ちました。
早めに産まれるかな〜と予想していたのですが、
まだまだお腹の中の居心地がいいのかな。


写真は先週、実家に置いている私のおひなさまを出したときのもの。
今年はこっちでひな祭りだね。


さて、この前の日曜日に最後の母親学級がありました。
なぜ日曜に?と思ったら、パパさん同伴の教室だったからで
私以外の5組はご夫婦参加。ちょっぴり淋しかった…。


今回はお産の進み方と、
出産時や育児のときのパパのサポートについてがメイン。
特に新米パパさんの協力が大事!という説明に
すごく力が入っていて面白かったです。
みなさん母親学級に同伴してくれるくらいだから、
きっと協力的なパパさんになるでしょ〜。


結婚30年目だそうな助産師さんの
子育て中はお互い余裕がないからイライラして、
何度も離婚しようと思ったけど
子育てが落ち着いたら、
この人と結婚してよかったと改めて思えた」というお言葉に
重みがありました…。


実は先週、ダンナ様とぷち冷戦状態でしたが
先日、無事和解にこぎつけました。
やっぱり夫婦円満が一番ですね、当たり前ですが。
夫婦の仲が安定してないと
子どもにも悪影響だし。
どんなに余裕がなくても
思いやりを持つ努力はしないとね〜。
(努力、ってところが微妙に消極的。笑)


さてそんな遠距離結婚は2か月目に突入。
あとどれくらい続くかは、おーちゃんのみぞ知る…。

それぞれの適齢期 [結婚について考えてみた]

なんだか今週は仕事やら外出やらで慌しくしています。

この前の日曜に、富山にいる友達と
新大阪で1時間だけお茶しました。
地元からおうちに帰る、経由地なので
せっかく近くまで来てるなら、ということで。

姫と.JPG
ゆきぽんと、彼女の娘さん。
娘さんは、8月で6歳になります。
ほぼ5歳違うと、すごく違う。
しっかりしていて、びっくりしました。

この娘さん、実は時々このブログにも登場しています。
成長ぶりはこちら

2006年7月、京都旅行写真
http://fumiki-wedding.blog.so-net.ne.jp/2006-07-29

2007年3月、友達の結婚式の写真
http://fumiki-wedding.blog.so-net.ne.jp/2007-04-02

人の子の成長は早い、と言いますが、ほんとだ~。

この友達が今の私と同じ立場で子育てしていたのは、ほぼ5年前。
その頃私は、死ぬほど働いていて、
別の意味で寝不足でした(苦笑)
その後、死ぬほど働いた(しつこい)会社を退職し、
あちこち旅行して独身の自由を謳歌していました。

そんなとき、友達は今の私のように、1歳の娘を抱えて
子育てと家事、仕事をがんばっていたんだなあ。

そして今、友達は6歳近くになる娘さんとのふたり旅を
楽しめるようになっています。
一方私は1歳の娘を抱え、子育てと家事、仕事を…。

結婚や出産のタイミングってひとによりますが、
たくさんの友達のいろんな例を見ていると、
本当に適齢期って、ひとそれぞれなんだろうな、と感じます。

ただ、「今」の自分の行動が「将来」を左右する、ということと、
自分も子どもも、そして自分の親も年をとる、ということを
肝に銘じておきたいものです。

30歳で結婚し、31歳で出産したのは
私の適齢期だったのでしょうが、
日々活発になる娘の相手をするにつれ、
あと5歳若ければ、と思うこともあったりなかったり☆
前の5件 | - 結婚について考えてみた ブログトップ
メッセージを送る