So-net無料ブログ作成
結婚について考えてみた ブログトップ
前の5件 | -

生きざまを記憶に遺して [結婚について考えてみた]

今日はぽーちゃんの保育参観でした。
5~6歳のちびっこが22人、わらわらと
走ったり前回りしたり鉄棒したり跳び箱したり。
それはそれは可愛らしい光景でした。

後半は保護者も参加して綱引きと、
マットに子どもを乗せて運ぶ競争。
かなり疲れましたが、楽しかったです。

そんな日に。
小林麻央さんの訃報が飛び込んできました。

34歳。
上のお子さんはぽーちゃんと同じ5歳。
どんなに無念だったことか。

平日しかできない役所関係の予定を入れていたのですが、
早く終わったので市川海老蔵さんの会見も見てしまいました。

こんなに悲しいときに、
人前で写真撮られながら話さなきゃだめなのかな…。
気丈な態度、ご立派でした。

自分より若い母親が旅立たれたことに、
思うこともありますし、
彼女がブログを通じて人々に与えた影響は
はかり知れません。
その生きざまは
多くの方々の記憶に遺ることでしょう。

言葉の力を改めて教えていただきました。

ご冥福をお祈りします。

今年も乳がん検診受けよう。

不機嫌な夫婦 [結婚について考えてみた]

うちの夫婦ではありません、多分(笑) 

職場の休憩室でお弁当を食べたあとに 
本を読んでいたら、 
職場の男性に「今日は何読んでんの?」と聞かれたので 
「タイトルを見てもひかないでくださいね」と言って 
この本を見せたら、苦笑されました…。 

DSC_0853.JPG
『 不機嫌な夫婦~なぜ女たちは「本能」を忘れたのか~』 
三砂ちづる著 

図書館で借りられる本は2週間で15冊。 
ゆきぽんは自分のカードを持っているので、
私はぽーちゃんと共有で、私の割り当ては7冊。 
大体4~5冊は通勤用の文庫本かハードカバーで、 
残り2~3冊は雑誌か実用書を借ります。 
育児指南書か女性問題系の新書が多いです。 
その棚でタイトルと作者を見て気になったので借りてみました。 

この本の内容は、本文を引用すると、 
『この本は、「機嫌の良いおばさん」をつくるために、 
 おじさんも機嫌良くやっていただきたい、という本です…』 

…なるほど。 

「不機嫌な夫婦」のタイトル通り、 
なぜ今の夫婦は不機嫌なのか、という話です(ざっくり。笑) 

『そもそも快適な生活をするために仕事をしているのに、 
仕事をしすぎるせいで夫婦で仲良くする暇もなく、 
結果的に不機嫌になってしまっている。 』

…ごもっとも。 

この三砂ちづるさんの著作「オニババ化する女性たち」にもあったように 
女性がまず女性らしくあること、が彼女の根本的な考え。 
そのために、男性は女性をほめて、かわいがってやること。 
女性は様々な情報に惑わされないこと。 

一番印象的だったのが、以下の文章。 
『慎み深いというのは、今ではほとんど死語ではないかと思いますが、 
やっぱりそれは大変な美徳です。 
自分が勉強したり自分が仕事できたりすることを一々ひけらかすのは、 
はしたないこと。自分が何かを知っているということは、 
その知っていることによって、だまされないために知るんだ、 
という姿勢を持つためにやるのだと思います。… 
(中略)…知っているとか学んだこととかできることは、 
ひけらかすためにあるのではなくて、ひけらかさないためにあるのです。』 

…そうですよね。 

とっても聡明なのに慎み深い友達がいて 
いつも「かなわないな」と思っていたのですが、 
その気持ちを明文化してもらった感じです。 

慎み深い女性、憧れます。 

突然話は変わりますが、 
このブログ、始めて11年も経ってしまいました。 
読んでくれるひとは限られてるし、 
更新もまちまちだし、 
なんのために続けているのかなと 
ここ数年(長い)考えているのですが 
たまにブログのおかげで状況がわかってもらえたり
共感してもらえたりと
救われることもあるので
悩むところでした。

これからは、自分の育児や結婚生活の記録としてのほかにも 
本で読んだことや生活で学んだことを 
ご紹介できる場にしていけたらなと漠然と思っています。 
(このくだり、誕生日のときにも書いたような。) 

まさに「ひけらかす」ことになるのかなと思うのですが…。 

試行錯誤しながらも続けてみたいので 
生温かく見守っていただけたら幸いです♪ 

祝☆結婚40周年 [結婚について考えてみた]

3月23日は両親の結婚記念日でした。
春休みに帰省するのがちょうどその日に決まり、
ふと思い立ったこと。

…お兄ちゃんが今39歳。
ということは、もしや今年って結婚40周年では!?

これは何かしないわけにはいかないわ、と
慌てて兄にメール。
こうしてサプライズ作戦が始動したのです。

兄夫婦がプレゼントを用意してくれて、
私は記念の色紙を用意。

結婚40周年.jpg
こんなのです。
写真やシールでそれらしく飾り、
メッセージも作成しました。

以下、本文。
――――――――――――――――――――――――

結婚40周年おめでとうございます。

結婚40周年は「ルビー婚式」。
ルビーの赤く深い色のような
夫婦の深い信頼を表しているそうです。

40年間という長い間には
楽しいことばかりではなく
大変なこともたくさんあったと思いますが、
お二人が夫婦として仲良く過ごしてくださったおかげで
今の私たちがあることに心から感謝しています。

これからも二人とも元気で長生きしてください。
50年目の金婚式を願って。

2013年3月23日 家族一同
――――――――――――――――――――――――

そしてお食事でもセッティングしようと思っていたのですが
お店を探して予約するのも不自然だし…と
兄と二人で頭を悩ませ、
結局以前行ったことのある中華料理屋さんに
甥っ子が行きたがっている、という設定にしました(笑)

さて決行当日。
食事を始めるときに、なんと母が
「今日、お母さんたち結婚記念日なのよね」と言い出してしまったのです!
兄と私は顔を見合わせ、苦笑い。
でもそのタイミングでプレゼントのコーヒーカップと色紙を渡すと
「こんなの用意してくれてたの!」と
とても喜んでくれていました。

25周年の銀婚式のときは、若造すぎて(苦笑)何もしてあげられず、
気づけば30周年も過ぎてしまい。
毎年贈り物はしていたものの、
基本、自分たちの生活で精一杯で
いつもお世話になりっぱなしで心苦しく思っていました。
今回ようやく、少しだけお祝いらしいことができてよかったです。

そして10年後の金婚式には
みんなで旅行でもしよう、と盛り上がったのですが、
10年後って…。
甥っ子は18歳!姪っ子とゆきぽんは15歳!ぽーちゃんは11歳!
想像しただけで、兄嫁と大騒ぎしてしまいました(笑)
18歳になった甥っ子が、祖父母の金婚式旅行に
果たして付き合ってくれるのかな…?


両親が結婚してくれたおかげで今の私がいる。
そしてその後も円満でいてくれたおかげで、
大手を振って実家に帰省させてもらえる。
そういうことを、この頃よく考えます。

九州男児で亭主関白。
平日の帰りは遅く、休日は疲れて家でゴロゴロ。
もちろん家事の手伝いはしない。
そんな父と、よく40年も続いたね、母よ。

私が思春期でも父を嫌わず、
ずっと尊敬することができているのも、
母のおかげだと思っています。
夫を立てる、九州女の鏡です。
でも決して黙っているわけではなく、
言いたいことは言うところが
さすが私の母。

今は休日のたびに二人で出かけて
「今日は●●(映画のタイトル)を観てきました」とか
「今●●(お店の名前)に来てるよ」などと楽しそう。
時々ケンカした、なんて話も聞きますが
大体夫婦円満でなによりだ、と
不肖の娘は安心するのです。

これからも夫婦で長生きしてね。

そんなことをしみじみと考える
バースデー・イブでした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

結婚記念日でした [結婚について考えてみた]

昨日、11月22日は私たちの結婚記念日。
2006年の夜中、日付が変わってから
区役所に婚姻届を提出しに行ったのを思い出します。

あれから6年。
今年は「鉄婚式」。
「鉄のように強く、苦難に負けない人生を」だそうです。
苦難…苦難かあ。
もちろん悩みや心配事はありますが、
「苦難」と言うほどのことは今のところないかな?
これからもないといいな…。

結婚記念日のお祝いに、去年は家族3人でささやかな旅行へ。
今年はさらにささやかに、近場にお食事にでも行きたいなあと
思っていますが、子どもたち次第ですね…。

最近、平日も休日もお構いなしに(当たり前)
朝6時頃に覚醒してしまうぽーちゃん。
お付き合いでリビングに降りてきて、
今やっと寝てくれたので、その隙の更新でした。
そろそろダンナ様とゆきぽんも起きてくるかな?
主婦のフリータイムは短い…。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

両親の結婚記念日 [結婚について考えてみた]

120323_163451.jpg
今日は幼なじみがお母さんと一緒に遊びに来てくれました。
お母さんにお会いするのはかなり久しぶりですが、
幼稚園の頃からの付き合いなので、
初めてゆきぽんを見て
「ま〜小さい頃の○○ちゃん(私)そっくり!」と
言ってました(笑)


可愛いお祝いももらったよ♪
夏には彼女もママになる予定。
やっぱりママ似の女の子かな?楽しみだね☆


今週で産後三週間経ったので、「床上げ」して
昼間は起きてゆきぽんの相手をしたり、簡単な家事手伝いをしたりしています。
なのに、ここ一週間、
ぽーちゃんは鼻づまりのせいで夜あまり寝られず。
先日は夜中に授乳→寝る→寝かせると泣く→抱っこ→の繰り返しで延々4時間。
久しぶりにヘロヘロで気が遠くなりそうでした…。
やっぱり体力衰えてるな。当たり前だけど。


さて今日は両親の結婚記念日。
毎年プレゼントを贈るのですが、今年は用意できなかったので
ささやかながら夕食をご馳走してみました。


39年前に二人が結婚して、兄と私が生まれ、
ゆきぽんとぽーちゃんに繋がってるんだね。
今まで夫婦仲良くしてくれてありがとう。
この帰省中も甘えっぱなしで申し訳ないので
来年の40周年記念には何かしたいな、と考えています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
前の5件 | - 結婚について考えてみた ブログトップ
メッセージを送る