So-net無料ブログ作成
ゴールデンブログアワード ブログトップ

「結婚」をめぐる10年の物語 2005年 (3/3) [ゴールデンブログアワード]

■2005年 28~29歳
1月4日
年が明けて初めて会った彼氏と話していたら、私と結婚したいと思っていることがわかった。そういうことをあまり考えそうにないし、考えても口にするタイプじゃないと思っていたので意外だった。でも、なんだかしみじみ嬉しかった。ちょうど退職したいと考えていたところだったので、結婚の時期は未定だけどそれを理由にすることにする。
昔は母の影響もあって専業主婦にあこがれていたけど、彼と結婚するならそれはできないだろう。そういうことを差し引いても、私のことをすべて受け入れて、大事にしてくれるのは彼しかいない。そう思うようになってきた。

4月10日
結婚を理由に退職したのに、事情があって延期することになってしまった。それまで働き過ぎていたこともあって、再就職はせずに、しばらくのんびりすることにした。結婚してしまったらなかなかできないだろうから、今のうちに遠くにいる友達に会ったり、長い間ごぶさたしていたひとに連絡をとったり、ゆっくり地元に帰ったり、友達や家族と旅行したりすることにする。

5月
彼を連れて実家に帰る。今回は紹介だけにしたけど、何より地元に彼を連れて帰るのが初めてなので、両親も興味津々。彼は緊張のあまり借りてきた猫のようだった。一泊して帰る。紹介だけとはいえ、「真面目に付き合ってます」くらいは言ってもらえばよかったかも。「またおいで」と父が言ってくれていたので、印象は悪くはなかったらしいけど。
彼と入れ替わりに兄夫妻が実家へ。兄は彼に会えなかったのを残念がっていた。兄嫁はおめでた。恋人→花嫁→妻→母へと、確実に顔つきが変わっているのがよくわかる。まだうちの実家では緊張するらしいけど。相変わらず兄がやさしいので感心した。歳が離れているとやさしくしてもらえるのかも。
兄と二人きりになったとき、「結婚はあせらなくていい。このひとなら大丈夫と思える相手とすればいい」と言われた。そんなお兄ちゃんらしいことを言われたのは初めてでびっくりした。やはり家庭を持つと男のひとも変わるのかな。
大阪へ戻る直前、父と話した。まだ具体的には何も決まっていないんだけど、親として、私が苦労せずに幸せになればそれでいいという気持ちが伝わってきた。29歳にもなって、与えられるばかりで、親に心配かけて情けない。私は本当に大切に、幸せに育ててもらったから、早く誰かを幸せにできるひとになりたい。

8月
実家に帰り、生後1か月の甥っ子に対面。かわいくておばばか全開で写真を撮りまくる。赤ちゃんがいると家族の雰囲気が違う。兄嫁が母親の顔になっていて感心した。結婚して、子どもがいて、家庭をきちんと築いているひとの強さを感じる。家族の中で、私だけが与えられるばかりの存在で情けない気持ちがますます強くなる。あせっても仕方ないってわかってるけど。

8月23日
結婚しても働き続けられることを前提に、残業が少なそうで責任も軽そうな会社に個人委託として再就職した。転職してスキルアップしていくのが当然の業界だから、これまでは仕事内容を重視していたけど、条件面を重視したのは初めて。実際、どうなるかはこれから客観的に判断していこう。

9月
彼のお母さんと妹さんに初めて対面した。すごく緊張したけど、女三人で話がはずむ。後で聞いたところによると、気に入ってもらえたみたいでよかった。育った地方の違いは意外と大きいことは、これまでの経験でよくわかっているから、思っていたよりも大丈夫そうで安心した。

10月~12月
彼の実家へほぼ月1回のペースで遊びに行く。お母さんはすっかりその気になっているようで、かわいがってくれている。でも二人で具体的に話し合ったわけでもないし、彼がちゃんと言い出すのを待っているところ。

12月25日
プロポーズされた。ここからやっと「私の結婚」の物語が始まる。
結婚するひとをうらやんだり、結婚できないことを無意味にあせったりしたこともあった。でも、ひとそれぞれ性格が違うように、幸せの形も違うから、比べても仕方がないことなんだ。たくさんの「結婚」の形を見てきたからこそ、自分らしい「結婚」や、幸せの形を、これから二人で探していきたい。
そして、まだ結婚していない友達もたくさんいるけど、彼女たちがそれぞれ自分らしい幸せの形をみつけてくれることを心から願っている。

END

こいのうた―songs of love

こいのうた―songs of love

  • 作者: たかぐち ふみき
  • 出版社/メーカー: 新風舎
  • 発売日: 2005/06
  • メディア: 単行本


nice!(1)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:GBA2005エッセイ

「結婚」をめぐる10年の物語 2002年~2004年 (2/3) [ゴールデンブログアワード]

■2002年 25~26歳
2月9日
大学の友達の結婚式。奈良にて。初めて、美容院で髪をセットしてから行った。自分も精一杯綺麗にしていく方が、花嫁にも喜んでもらえる気がする。友達は終始いつも通りの明るい笑顔だったのに、ご両親への手紙を読み始めた瞬間に泣きじゃくっていた。ずっと我慢してたんだね。内容はほとんど聞き取れなかったけど、すごく感動した。
彼女とだんなさんは高校時代から、約8年間の付き合いで結婚。これからもさらにずっと長い時間を一緒に過ごしていくんだね。そういう相手に早くからめぐり逢って、その相手をちゃんと見極められるってすごい。私は迷ってばかりなのに。

11月24日
大学の友達の結婚式。神戸にて。花嫁のたっての希望で、京都から振袖を着てゆく。疲れたけど、彼女も、彼女の親御さんも喜んでくれた。彼女はお嬢様なので披露宴はすごく豪華だった。その中で凛としていた彼女は、本当にお姫様みたいだった。
友達のスピーチがすごく心に残った。結婚している友達は、「相手がしてくれないことより、してもらってよかったことを考えるとよい」ということを、伝道師の友達は、「愛は聴くこと。耳と目を向けて心で聴き合うことが大事」ということを話してくれた。心にしみた。
仲良しの友達が次々と結婚していく。自分の人生の方向を決めていく。なのに、自分はどうなるか、まだわからない。少しあせる。

12月23日
兄の結婚式。地元、福岡にて。仕事が忙しくて、徹夜明けに朝一番の新幹線で移動。着物の着付けをしてもらいながらうたた寝するほど疲れていた。兄嫁は私よりも3歳年下。「お姉さん」が欲しかったので少々複雑。でも、兄が選んだ人だし、それに向こうの方が年上の妹って怖いだろうし。披露宴の最中に、突然マイクを向けられてスピーチ。話し終わると、なぜか母が泣いていた。両親が挨拶まわりに忙しそうだった。結婚する側の親って大変そうだ。
小さい頃からやさしかったお兄ちゃん。これからは奥さんにやさしくしてあげて、幸せな家庭を築いてね。

■2003年 26~27歳
5月
付き合っているひとにふられた。仕事に対する考え方、友達との付き合い方、色々な要素を見て、これから一緒にやっていけないと判断するに至ったらしい。すごく好きなひとから、もう自分の人生に必要ないって思われるって、すごくつらくて悲しいこと。
27歳で結婚したいとなんとなく思っていたのに、計画通りにはいかないってことがよくわかった。もう恋をしたくないとは思わないけど、今は自分に自信が持てない。立ち直るのにはすごく時間がかかりそう。

11月15日
大学の友達の結婚式。地元福岡にて。信じられないくらいに美しく清楚な花嫁だった。すごくスタイルがいいのに、露出がほとんどないドレスを選んでいるところが彼女らしくて感心した。だんなさんは誠実そうなひと。友達のことをすごく大事にしてくれそうで、安心した。友達がスピーチで大学時代のエピソードを披露。懐かしくて、笑ってしまったけど感動した。もう別々の道を歩いていて、あんな風に一緒に遊ぶことはないんだな、と少し淋しくなった。
二次会のビンゴでなんと一等のDVDレコーダーが当たった。うれしいけど、持って帰るのが大変。ビンゴ運だけはいいのが切ない今日この頃。地元でいいひとが見つかれば、とこの結婚式に淡い期待を抱いていたけど、そううまくはいかないものだ。

12月6日
会社の先輩の結婚式。大阪にて。初めて美容院でメイクをしてもらって、ちょっと気分がよかった。社内恋愛で結ばれたおふたりは、とても幸せそうで、微笑ましかった。これからもかわいがってください、という気持ちを込めて、同僚の女の子3人で歌を披露。
先輩は37歳で、もう結婚をあきらめていたこともあったそうだ。自分もできたから、あなたも頑張ってねと言ってくれた。嬉しいような、37歳まで独身でいるのは淋しいような、複雑な気分。

■2004年 27~28歳
2月11日
会社の友達の結婚式。京都にて。同期の中では二人目。一人目は、昨年秋に家族だけの結婚式を挙げていた。結婚式をするかしないか、どこにお金をかけるかにはひとの価値観がはっきりと出るようだ。今日結婚した友達は、相手も会社の先輩で、知っている人なので余計に嬉しかった。彼女はすごく綺麗で、普段からは考えられないほどにこにこと愛想をふりまいていた。過去のつらかったできごとを知っているから、本当に幸せになってくれてよかった。今までたくさんの結婚披露宴で余興をしてきたけど、初めて一人でピアノ伴奏で歌った。花嫁も、出席したほかの友達も喜んでくれた。
これくらいの年齢になると、結婚している友達に「早く幸せになってね」とよく言われる。結婚してるってそんなに偉いの?結婚してないとそんなに不幸そうに見える?と反発したくなることも、正直、ある。相手に悪気がないのも、本当に幸せを願ってくれてるのもよくわかってるけど。自分があせっていて、それを認めたくないからかもしれない。だからといって、友達の幸せを心から祝えないほどすさんでいるわけではないから、まだ大丈夫。友達が綺麗で幸せそうだと、素直に嬉しいから。

3月13日
大学の友達の結婚式。神戸にて。人前式という新しいスタイルで、花婿がみんなの前で花嫁にプロポーズ。それから二人でオリジナルの誓約書を読み上げてサイン。なかなか楽しめた。かわいくて、泣き虫だけど実はしっかりしていて、芯の強い友達。だんなさんも頼りがいのありそうなひとだった。ここではスピーチを頼まれ、学生時代のエピソードを披露。
結婚した夫婦をたくさん見ていると、みんなそれぞれ自分に合ったタイプの人をきちんと見つけているんだなと感心する。私にも合うひとがちゃんといるんだろうか、不安。

5月1日
高校の友達の結婚式。地元、福岡にて。長い間同棲していた相手との結婚だった。明るくあっけらかんとした彼女らしい、小ぢんまりとしたあったかい式とパーティ。途中でだんなさんが倒れるというハプニングがあったけど、彼女の持ち前の明るさと周囲のあたたかい支援で乗り切っていた。普通の花嫁ならパニックになるか、ヒステリーを起こすかもしれない。そこが彼女のおおらかさというか、強さ。相手に求めるものは、ひとによって違うんだなあと改めて感じた。

5月15日
大学の友達の結婚式。京都にて。上品な和風美人の彼女らしく、披露宴も和風だった。かなり年上の彼は落ち着いていて、やさしそう。彼女も昔つらいことが色々とあったのを知っているから、幸せになって本当によかった。
ここでもひそかに出会いを期待していたけど、そううまくはいかず。まだ、そんなに積極的になれないのかも。

6月
少しいいなと思えるひとに出会う。いきなり結婚を考えたら逆に男のひとと付き合うのが難しくなるので、軽い気持ちで付き合ってみることにした。この歳で、今更そんなことでいいのか、多少不安だけど。ストライクゾーンを広げてみることにした。相手が自分を好きということははっきりしているので、すごく楽。激しさはないけど、いい関係になれている。

12月4日
会社の友達の結婚式。大阪にて。港沿いにある白くて素敵な建物での、ハウスウエディングだった。友達は綺麗で、幸せそうだった。だんなさんは若いけど、しっかりしていて感心した。手づくり婚らしく、細部の演出まで手が込んでいた。準備が大変だったみたいだけど、ゲストのことを考えていてすごくアットホームで、楽しめた。結婚式って手をかけようと思えばいくらでも凝ったことができるということがよくわかった。自分だったら、ここまではできないだろうけど、来てくれたひとが本当に楽しめる結婚式にしたい。

こいのうた―songs of love

こいのうた―songs of love

  • 作者: たかぐち ふみき
  • 出版社/メーカー: 新風舎
  • 発売日: 2005/06
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:GBA2005エッセイ

「結婚」をめぐる10年の物語 1996年~2001年 (1/3) [ゴールデンブログアワード]

■1996年 19~20歳
5月
地元の友達が結婚したそうだ。中学の同級生だった子。早っ!しかも子どもができたって。19歳のママ、ちょっとかっこいいかも。
こちらは大学生になってやっと人生初の彼氏ができたというのに。同い歳でもすごい違いだなあ。正直、まだ結婚なんてちっとも考えられない。いつかはするだろうけど、もっと先のことだろう。自分一人の人生についてもまだわからないのに、ほかの誰かと一緒に過ごす人生なんてわかるはずがない。

■1997年 20~21歳
10月
先輩の結婚式の二次会にお呼ばれ。親戚以外の結婚式なんて、人生初の体験。散々悩んで、結局ワンピースを着ていった。でもちょっとラフだったかも。普段は豪快で強烈なキャラクターの先輩だけど、この日はとても綺麗で、幸せそうだった。結婚式って、女のひとが一番綺麗な瞬間っていうけど本当かも。

■1998年 21~22歳
11月
以前付き合っていたひとに偶然再会して、少し話した。「結婚したいと思ってた」と言われた。京都に就職も決まったし、そんなこと今更言われても、というのが正直なところ。男のひとに面と向かって「結婚」を口にされたのは初めてなので、真剣に私のことを考えてくれていたんだなってわかった。その気持ちに応えることができない自分はひどいかな。でも仕方ないよね。
「恋人になるひと」と「結婚するひと」はイコールなのかな。まだそこまで考えられないのに。結婚したいひとじゃないと、付き合っちゃいけないってこと?好きになって、付き合ってみないとわかんないこと、たくさんあると思うんだけど。まだ若いんだし。

■1999年 22~23歳
4月
付き合っているひとと、初めてお互いに「ずっと一緒にいたい」と思えるようになった。「ずっと一緒にいる」ことが「結婚すること」とイコールになるかどうかは、まだわからない。ただ、会っていて別々の家に帰るのが淋しい。彼は「結婚」をよく口にするけど、私は就職したばかりでまだ将来の見通しも立たないし、相手の将来はさらに見通しが立たないので、どうなるかはわからない。

11月4日
大学の友達が結婚した。お互いが初めて付き合った恋人同士で、そのまま結婚。そんなに早くに自分の相手がちゃんと決められるってすごいことだし、うらやましい。結婚式はせずに、籍だけ入れて、ウエディングドレス姿の写真を撮るだけだった。初めて「結婚」が身近なところで起こった。これからは彼女にとっては彼が一番で、彼にとっては彼女が一番。お互いがお互いにとって一番なんだ。素敵だと思う反面、友達が遠くへ行ってしまうみたいで、淋しくなって、手紙を書きながら泣いてしまった。大切な友達なので、幸せになってほしい。
自分が今付き合っているひとと、本当に結婚したいのか、結婚してもちゃんとやっていけるか、少し真面目に考えてみよう。

■2000年 23~24歳
2月3日
大学の先輩の結婚式。チャペルで初めて賛美歌を歌った。花嫁さんはすごく綺麗だった。ご祝儀のお金がないので披露宴は遠慮させてもらう。友達と二人で二次会の幹事を頼まれていたので、先に準備をした。初めての経験だけど、出席者は知っているひとばかりだったのでやりやすかった。幹事で司会なのに、ビンゴでうっかり一等になってしまった。大変だったけど、結婚式の二次会というより仲間内の飲み会みたいで楽しかった。
いつもは冗談ばかり言っている先輩だけど、今日はすごく真面目で、奥さんのことを大事にしているのが感じられた。きっときちんとした家庭を築いていくんだろうな。

5月
付き合っていたひとと別れた。結婚したいと考えたこともあるひとだったから、すごく悲しかった。けど、お互いがもう一緒にやっていけないと思ったので仕方ない。相手が違ったんだろう。

10月
好きになったひとに、「次に付き合うひととは結婚を前提にしたい」と言われた。彼が30歳手前という年齢的な理由らしい。だから、軽い気持ちでは付き合えないし、私にもよく考えるようにということだった。私はそのひとが好きだし、ずっと一緒にいたいから、いいんだけど。男のひとでも付き合う前にそういうことを真面目に考えるんだなと感心した。

■2001年 24~25歳
1月
好きなひとと「結婚を前提に」付き合うことになった。普通の恋人同士と何も変わらない気がするんだけど、なんとなく「婚約者」というと響きがいい。能天気かな。具体的にいつ、という話もないし、結構気楽。

6月3日
大学の友達の結婚式。和歌山にて。友達の披露宴に呼ばれたのは、初めて。華やかな色打ち掛けや、彼女の控えめな性格からは意外な、色鮮やかなブルーのカクテルドレスにうっとり。でもやっぱりウエディングドレスが綺麗で感動した。友達のスピーチを聞くのも、数人で歌うのも初体験。だんなさんは知らない人だったけど、すごくやさしそうで、二人ともとても幸せそうだった。二人の人柄がにじみ出たような、あったかい披露宴だった。
次に結婚が決まっている友達が、お花や料理などを真剣に見ていたのが印象的だった。結婚が現実的になっていると、出席していても見る目が違う。私はまだそこまで具体的には考えられないけど、できればこんなあったかい式にしたい。

6月23日
高校の友達の結婚式。富山にて。京都から、意外と近かった。高校時代の仲間が東京や地元福岡から集結。前夜、ホテルの部屋に集まって余興の歌を練習してから、一人でスピーチを考えた。彼女との思い出が甦ってきて、緊張して、興奮して、1時間くらいしか眠れず。当日、彼女のウエディングドレス姿を見た瞬間に泣いてしまった。すごく綺麗で、清らかで、幸せそうで。だんなさんも素敵で、彼女を大事にしてくれそう。スピーチは途中で泣きそうになったけど、なんとか乗り切って、余興も成功した。このグループの仲間はあと7人。次は誰が結婚するか、楽しみ。
地元を離れて結婚し、その土地で暮らすことを決めた友達。彼女の勇気ある決断に、私自身も色々と考えさせられた。結婚って、その後の人生を一緒に生きる相手だけでなく、生きる場所を決めることでもあるんだ。

こいのうた―songs of love

こいのうた―songs of love

  • 作者: たかぐち ふみき
  • 出版社/メーカー: 新風舎
  • 発売日: 2005/06
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:GBA2005エッセイ

10年目の結婚行進曲 [ゴールデンブログアワード]

「夜はライトアップされていい感じやろ?門司って昔は全然眼中になかったのに、レトロになってからよく来るようになったんよね。北九州って遊ぶとこ少ないやん?」
「結構人がたくさんおるねえ。カップルばっかりやん」
「そうなんよ。夜に来たの、初めてっちゃね」
「…すんません」
「いえいえ。普段は大阪におるのに、誕生日に会えただけでもありがたいですわ。私、ほんとに、社会人になって初めて、誕生日がゴールデンウィークでよかったっち思ったわ。小さい頃は、友達もみんな家族で出かけとったけ、お誕生日会とかしたことなかったんよね。でも、今は必ず休みやけ、ありがたいっちゃ」
「しのぶ?」
「何?人の話、聞いとお?」
「誕生日、おめでと」
「はいはい、ありがと。あんまりめでたくないんよね、28歳にもなると。大体25過ぎたら、みんな『四捨五入したら30』っていうの、なんでかね?四捨五入せんでいいやんねえ」
「いいやん、もうすぐ30なんやし」
「まだあと2年もあるもん」
「2年なんてすぐやって」
「そうね。あんたが大学卒業して、人生の目的を探すとかなんとか言って旅に出たまま、気がつけば3年もたっとったもんね。確かに2年なんてすぐやわ」
「古い話持ち出すなっちゃ」
「古くないやん。たかだか3年前の話やん」
「はいはい。私が悪うございました」
「わかればよろしい」
「それにその放浪経験のおかげで今の旅行会社に入れたんやし」
「そうね、私らの就職超氷河期をはずしてよかったよね。しかもよりによって大阪勤務」
「なんか腹たつなあ」
「そう?そうだ、今日って『カップル記念日』って覚えとった?」
「覚えとった。でも『カップル記念日』って懐かしい響きやな」
「ね。こないだ机の整理しとったら、交換日記が出てきたんよね。大学の時の」
「交換日記!やっとったなあ」
「なんか、一瞬だけやったよね。ノート一冊だけ。懐かしくてつい読んじゃったわ」
「うわ、読みてえ。でも恥ずかしいなー、10年前か」
「初々しかったわ。今日、持ってくればよかったね。また見せるわ」
「10年前の今日、付き合いだしたんやったもんな、俺ら」
「そうよ。10年。長かったわ~」
「いやいや、終わってないから」
「それはどうかな」
「おいおい」
「でも、ほんと、長いよね10年って。赤ちゃんが小学生になるんよ?びっくりだわ」
「ほんとに」
「たまたま同じ京都の大学で、たまたま地元も同じ福岡で、たまたま同じサークルに入って…よく考えたら5月に付き合い出したの、早過ぎやったかもね」
「よー言うわ。先に攻めてきたのお前やん」
「でも付き合おうっち言ったのそっちやん」
「あれは言わされたの」
「ほー」
「あの頃は若くてお肌もすべすべやったのに」
「だって19歳やもん。俊介だって、若くてぴちぴちやったよ」
「ぴちぴちて!すっかりおばちゃんやん」
「うるさいな」
「しのぶ?」
「何」
「誕生日、おめでと」
「ありがと。さっきも聞いたよ」
「俺、転勤が決まったっちゃ」
「え」
「6月から博多。もう遠距離恋愛せんでよくなる」
「ほんとに」
「でさ、結婚しよ」
「は?」
「俺と、結婚、してください」
「いきなりどうしたん」
「いい機会やし、もう付き合って10年やし。お前も30前やし、はっきりしとかないけんかなと思って」
「はっきりしとかないけんかなって?義務なん?私と結婚したいわけじゃないん?」
「したいけプロポーズしたんやん。返事は?」
「10年も付き合っとって、そんなん聞かなわからんの?」
「かわいくないなー」
「何言ってんの、あと何10年も一緒におるのに。心配せんでも毎日ちゃんとかわいくするように心がけるわ」
「どうだか。そうだ。言っとくけど、俺、金ないけ。知っとると思うけど」
「お金ならあるよ。私」
「は?」
「ある。365万2千円。今日で3千円か」
「何それ、意味がわからん」
「あんたと付き合い始めたとき、決めとったんよ、この人と結婚するって。それで毎日千円ずつ貯金するようにした。気がつけば10年」
「しのぶ…」
「あんたが放浪しとっても、遠距離になっても、ずっと貯金しとった。友達に『耐えるしのぶ』ってよくからかわれたわ」
「ごめん」
「謝ってほしいわけじゃないんよ。俊介は絶対大丈夫、絶対二人で幸せになれるって信じとったけ。でも今日プロポーズしてもらえるっち思ってなかった。貯金が500万とか超えてもふられたらさすがにつらいなとは思っとったけどね」
「しのぶ、お前、すごいわ」
「計画的と言って。絶対ちゃんとした結婚式したかったんよね」
「俺、何も考えてなかったわ。とりあえずプロポーズして、それからって思ってて」
「そんなん待ってられん。あ、でも」
「何」
「心配せんでも、指輪代が貯まるまでは待っとくわ」

END

こいのうた―songs of love

こいのうた―songs of love

  • 作者: たかぐち ふみき
  • 出版社/メーカー: 新風舎
  • 発売日: 2005/06
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:GBA2005ノベル
ゴールデンブログアワード ブログトップ
メッセージを送る