So-net無料ブログ作成
検索選択
へなちょこ子育て<6歳/2歳> ブログトップ
前の5件 | -

珍発言☆2014冬~2015 [へなちょこ子育て<6歳/2歳>]

お久しぶりの珍発言シリーズです。 
ぽーちゃんが2~3歳の頃ですね。 

★正しいツッコミ 
ぽ「まま~さむい~」 
私「こたつに入っとき」 
ぽ「え~こたつにはいらなあかんの~?」 
私「いや別に入らんでもいいけど」 
ぽ「どっちやねん!」 
…恐ろしい子…! 

★おうたその1 
「♪いぬの~こまわりさん♪」 
…なんか小物っぽいな。 

★おうたその2 
「♪みんなのかずだけつよくなれるよ♪」 
(元ネタ:岡本真夜さんの「tomorrow」) 
…多数決? 

★おうたその3 
「♪アンパンマンはみかた~
   みんなのあにき~♪」 
まさかのアニキ説が! 

★素朴な疑問 
ぽ「ぽーちゃんがおとなになったら
     パパとママはこどもになるの?」 
私「(笑)パパとママは
      おじいちゃんとおばあちゃんになるよ」 
ぽ「しょぼん」 
…なんかゴメン。 

★ある休日 
ぽ「パパどこいったの?」 
私「ちょっと用事だって」 
ぽ「ふーん。パパにおはなししたいこと
       たくさんあったのにな」 
…それそのままパパに言ってあげて! 

★惜しいシリーズ 
「よーい、よん! 」←出づらいわ
「いそがなきゃ!しごとにまにあっちゃう! 」←ぜひまにあってくれ
「おかずさまで」←おかげさまで?
…ちょっと大人っぽい発言をしたいのね。 


最近、子どものかわいい発言や詩が注目されているようで 
関連の書籍もよく見かけます。 
小さい頃の発言はみんな面白いのかな、と思いきや 
「オカンメール」のように大人になってからも面白いことも多々(笑) 

この時期の分がいつもより少ないのは、
ぽーちゃんの発言を気にして 
メモする余裕がなかったからではないかと思います。 
面白いことを面白いと思う余裕を持ちたいものです。いつも。 

珍会話☆2014~2015 [へなちょこ子育て<6歳/2歳>]

珍発言からやや進化して、珍会話です。 

以前、ちょっと面白かった会話をご紹介した記事はこちら 

これを読んでくれた友達がかなりツボにはまったらしく、 
真夜中にメールをくれました(笑) 

その頃より少し前、2014~2015年の 
ゆきぽん6~7歳、ぽーちゃん2~3歳頃の 
姉妹の愉快な会話です。 

★大丈夫? 
はさみと折り紙で遊んでいて。 
ぽ「こうするんやで~」 
ゆ「あぶないで~」 
ぽ「あぶなくないで~」 
…いや、危ないよ。 

★心配その1 
ゆきぽんの手のひらを見つめながら。 
ぽ「ここどうしたん?」 
ゆ「まめできてんねん」 
ぽ「ころんだん?」 
ゆ「まめできてんねん」 
ぽ「だいじょぶ?」 
ゆ「だいじょうぶやで」 
…人の話聞いてる? 

★心配その2 
再び、ゆきぽんの手のひらを見つめながら。 
ぽ「ころんだん?」 
ゆ「まめできてんねん」 
ぽ「ころんだん?ぼんって」 
ゆ「まめできてんねん」 
ぽ「いたい?」 
ゆ「だいじょぶやで」 
…気長なゆきぽんに感心。 

★九九 
小学2年生、九九の練習中。 
ゆ「いんちがいち、いんにがに」 
み「うんちがうん?」 
…キミにはまだ早いね。 

★ちょっとした意地悪 
ゆ「ぽーちゃん『ききゅう』っていえる?」 
ぽ「いえるでー」 
ゆ「いってみ?」 
ぽ「ちちゅー」 
…当時、ぽーちゃんは「き」が言えませんでしたとさ。 

★間違ってはない 
家でたこやきを焼きながら。 
ぽ「これしんだたこ?」 
ゆ「ていうかみんなしんでんねん」 
ぽ「みんなしんでんのか」 
…なんかイヤだ。 


2014~2015年の間に 
二人の会話が成立し、一緒に遊べるようになった姉妹。 
よくケンカもするようになりました。 
大体ぽーちゃんが調子に乗って、 
我慢の限界がきたゆきぽんがキレるというパターンです。 
でもゆきぽんはおねえちゃんらしくしっかりしてくれていて、 
ぽーちゃんは妹らしく自由奔放で…あれ、ほめ言葉じゃない(笑) 
ともかく、基本は仲良し。 

そんな感じで、あと少し続きます、珍発言シリーズ。 

珍発言☆2014 [へなちょこ子育て<6歳/2歳>]

引き続き珍発言シリーズです。 
2014年といえば、ゆきぽん6歳、ぽーちゃん2歳。
ゆきぽん編とぽーちゃん編がありますので 
まとめて「珍発言☆2014」ということで、 
メモをたどりながらご紹介します。 

■珍発言☆2014 ゆきぽん編 

★新しいゲーム
お友達の家から帰ってきて。
ゆ「きょうな、おのやってん」
私「小野?」
…よく聞いたらウノでした。

★大人への階段
喧嘩の経緯をうまく説明できなくて。
「ゆきちゃんのきもちは
  ゆきちゃんにしかわからへんの!」
…真理だわ。

★リアルもしもの話 
ゆ「パパとママがりこんしたら、 
  おじいちゃんちでずっとくらすのイヤや」 
私「(なぜいきなり離婚?そして私についてきてくれるのね) 
  …でもおじいちゃんちに遊びに行くの楽しみでしょ?」 
ゆ「あそびにいくのはいいけど、ずっとくらすのはイヤや」 
私「何で?おじいちゃんならなんでも買ってくれるよ」 
ゆ「だっておじいちゃんのおかねなくなるやん!」 
私「(そんなに買ってもらう気か) 
  我慢すればいいんじゃない?」 
ゆ「じゃあパパのおばあちゃんとくらす」 
私「パパのおばあちゃんのお金はなくなってもいいの?」 
ゆ「なんでもかってくれるのはおじいちゃんだけやもん」 
私「(意外と鋭いな)でもパパのおばあちゃんと暮らすなら 
  ママとは暮らせないかもよ?」 
ゆ「えー!イヤや~」 
私「だってパパとママが離婚したらもう会わないもん」 
ゆ「えー!ママとはなれたくない!」 
私「じゃあママと離婚しないように頑張ってってパパに言ってね」 
ゆ「えー!イヤや…ママが言って!」 
…いや、ママが言ったら逆に問題かと(笑) 
それにしても「離婚」なんてどこで覚えてきたのか。 

★正論 
風邪でつらいときに。 
「こどもがびょうきのときは 
 やさしくするのがははおやのきほんじゃないの?」 
…優しくなかった?ゴメンゴメン←軽い 

当時、ゆきぽんは小学1年生に。 
ちょっと難しいことも言えるようになった分、 
面白い発言は減ってますね。残念。 


■珍発言☆2014 ぽーちゃん編 

代わりに?ぽーちゃんがどんどん面白くなっています。 

★足元ね 
地面を指さして。 
「みて!あしもしょみて!」 
…どこのことかと。 

★おうた編その1 
「♪むすんでひらいて、てをうってむすんで 
 またひらいててをうって、そろそろうえに~」 
…そろそろ?(正解は「その手を」) 

★おうた編その2 
「♪おおきなくりのきのしたで~ 
 あなたはわたし~」 
…ちょっとコワイ(正解は「あなたとわたし」) 。

★おうた編その3 
「♪ごんぐりころころよろこんで~ 
 しばらくいっしょにあそびましょ~(エンドレス)」 
…元ネタより、ちょっと円満? 

★おうた編その4 
「♪ありのーままのーじぶんになるやよー」 
…奈良弁?和歌山弁? 

★鳥といえば 
公園のハトに向かって。 
「ひよこさーん!!」 
…スズメにもこう呼びかけます。 

★「面白い」を表現 
「おしもろい!!」 
…惜しい。 
「めっちゃおもろいわ」 
…すでに関西弁。 

★大人ですから 
笛付きの靴を履いているとき。 
「ぽーちゃんのおくつ、ぷぴぷぴいうね~ 
 ままのおくつ、ぷぴぷぴいう?」 
…言いません。 

★ちょっと違う 
すごく怖い(つもりの)言い方で。 
ぽ「めーざーまーしーやー」 
私「うらめしや?」 
ぽ「うーらーめーまーしーやー」 
…惜しい。 

★初めての創作? 
絵本をめくりながら。 
「あるひ、おばあさんでした。 
 あるひ、おじいさんとおばあさんがなかよくくらしました。 
 あるひ、おなかでした。 
 はんばーぐでした。いちごでした。 
 おしまい!!」 
…「ある日」が言いたかっただけかも。 

★怖すぎるから 
車で出かけたとき。 
私「もうすぐ駐車場だからね」 
ぽ「(怖そうに)ちゅうしゃ、するの?」 
私「あー(笑)違う違う、ちっくんする注射と思った?」 
ぽ「(怪しむように)うん…」 
私「違うよ。駐車場っていうのは、車を停めるところよ」 
ぽ「(大真面目に)くるま、ちっくんするの?」 
…注射が頭から離れないのね。 

★だけどちっちゃいから 
トイレの電気のスイッチをつけようとして。 
「とどけへん。ちっちゃいから。 
 ままおっきいね」 
…素直につけて、って言えばいいのに。 

★女優だから 
嫌なことを言われたときに。 
「じゃあぽーちゃんふえーんってなくもん!」 
…なんだその脅し。 

★謎の競争 
スーパーで。 
ぽ「にんじんとだいこん、どっちがはやい?」 
私「(早い?)どっち?」 
ぽ「にんじんやで! 
  にんじんはとことこ、とことこってあるくもん」 
…大根は? 

★女子力チェック 
出かける前に。 
ぽ「まま、あとでおかおみせて!」 
私「なんで?」 
ぽ「かわいいかなーってみるから!」 
…いつもかわいくなくてスミマセン。 

★怖い想像 
実家に私たちだけ帰省しているとき。 
「ぱぱはなにしてるの?おもちゃであそんでる?」 
…そうだったらどうしよう。 

★時にはクールに 
ゆきぽんが病気で寝込んでいたとき。 
私「ねーねの病気治るかな?」 
ぽ「たぶんね」 
…難しい言葉知ってますね。 

★難しい言葉だけど 
夜、自信満々に。 
「たぶんねむい!」 
…使い方は微妙なのね。 

★難しい関係 
電話をかける真似をしながら。 
「あ、ねーねのおかあさん?」 
…いやいや、それはママだろう。 

★メルヘンその1 
公園で。 
「はっぱがひらひらしてるね!」 
…キミはきらきらしてるね…。 

★メルヘンその2 
私が鍋をお玉で混ぜていたら。 
「おいしくなあれ、してんの?」 
…なったらいいね…。 

★メルヘンその3 
私が怒っていたら。 
「まま、わらって?」 
…ズルイ…ちょっとカワイイ…。 

★メルヘンその4 
ある日突然。 
「まま、ぱぱとあえてよかったね!」 
…そ、そうだね…。 

★ちょっと多いシリーズ 
「いわんといといて!!」 
「ごちそうそうさまでした」 
「いやだだもん~」 

★ちょっと言えてないシリーズ 
ごんぐり(どんぐり) 
どはん(ごはん) 
どぼろー(どろぼう) 
てべり(てれび) 
びりお(びでお) 
おみずたま(水玉) 
ちゃー(きゃー)にげろー 

やっぱり2歳くらいのおしゃべりが 
一番面白いですね~。 
書いてても笑ってしまいました。 

さて、まだまだ続きます♪ 

ハロウィンパーティー♪ [へなちょこ子育て<6歳/2歳>]

キキ.jpg
危機。もとい、キキ。

この前の土曜日は
ママ友主催のハロウィンパーティーでした♪

うちの姉妹は「魔女の宅急便」のキキに変身。
と言っても、百均で買った赤いカチューシャに
自宅にあったフェルトで作ったリボンを縫いつけ、
百均で買ったほうきを持たせただけです。総額400円(笑)
このほうきを持って心斎橋筋商店街を歩いた私を褒めてください…。
服は手持ちの黒っぽいワンピース
安上がりな割にそれっぽくなりました☆

仮装.jpg
お友達の仮装は魔女や海賊、アナとエルサなど多様。
結構親が楽しんでいました(笑)
エルサのドレスを着ていた小学3年生の女の子
ちびっこたちに大人気。
まとわりつかれて大変そうでした☆

こういうパーティーの開催場所は
いつもママ友のマンションの集会所。
無料で借りられてありがたいのです。
そして各自一品持ち寄りと、飲み物代に参加費300円。
お金をかけずに楽しむのが主婦の基本というわけで。

料理.jpg
持ち寄りのお料理一部。
手前のかぼちゃサラダ&ハロウィンバージョンマカロニのサラダが
私の作品です。
小さいかぼちゃは生協で、ハロウィンバージョンマカロニは輸入食品屋さんで購入。
お菓子作りのスキルがないので、見た目だけそれらしく☆
ほかにはおにぎりやホットドック、フレンチドッグなど。
今回はいつもよりお食事系が多かったかな。
ケーキ作りが得意なママ友は
さつまいものケーキを2種類焼いてくれていました♪

どんなグループでも割と幹事側の私にとって
この集まりはいつも声をかけてもらうだけで準備も何もしなくてよい
とってもラクちんなイベントです(笑)
一回り年下のママ友、およびそのお友達もみんな若く、
さらに私以外はみんな専業主婦ですが
なぜか仲良くしてくれています。

世代や環境は違えど、
子どものこと、家のこと、体型や服のことなど
悩みは割と似ていて参考になります。
同じ時期に同じ地域で子育てしているという
「縁」の不思議を感じます。

あ、でもみんな大体ギャルっぽいメイク(笑)
アイメイクばっちりで、髪もきちんと巻いていて感心。
「つけまつげなんて結婚式でしかしたことないわ~」と私が言うと
「慣れッスよ、慣れ」と明るく言われました☆
このへんが新鮮で面白い。

友達との付き合い方も年齢とともに変化してきて、
お互いの状況や環境で
会うことが増えたり減ったり、変わらなかったり。
遠くに住んでいるけどネットで状況だけはよく知っていたり、
その気になれば会いに行ける距離でも疎遠になっていたり。
私が会いたいと思っていてもタイミングが合わないこともあり、
相手のスタンスにもよるなあと最近よく思います。

このママ友との付き合いはまだ2年ほどですが、
子育てプラザで知り合って以来何かと声をかけてくれるので
ああ、この子はほんとに私に会いたいと思ってくれているんだなあーと
いつもとってもうれしい気持ちになります。
しかも若くてカワイイ←しつこい&関係ない、けどウレシイ。

さて10月ももう終わり。
2014年もあと2か月となりました。
年内にやっておきたいことを色々と考えながら
計画的に進めたいものです。なるべく←ちょっと弱気
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

運動会でした☆ [へなちょこ子育て<6歳/2歳>]

この前の日曜日は、ゆきぽんの小学校初・運動会。
…のはずが、台風のため延期に。
実際は雨もほとんど降らず、
警報も出なかったので
ゆきぽんは午前中だけ授業に出かけて行きました。

家に残ったのはぽーちゃん、ダンナ様、そして私。
おお、この状況ってかなりレアでは?
午前いっぱい両親独り占めを楽しんだぽーちゃんでしたとさ。
生まれたときからお姉ちゃんがいるもんね、たまにはね。

そして月曜は予定通りの代休。
しかも警報が出たので、ぽーちゃんもお休み。
家でママ独り占めのつもりだったゆきぽんは
若干不満そう。
自分だけ日曜日も学校に行ったのにね。おつかれ!(軽)

そして昨日の火曜日、振替の運動会が開催されました。
平日なので私一人で観戦&ビデオ撮影。
ぽーちゃんも連れて行きたかったけど、撮影に専念するため保育園へ。

競技は昔ながらの?かけっこ、リレー、障害走、綱引きなどなど。
紅白に分かれてきちんと勝敗を競っていて、なんだか清々しかったです。
勝ったときの嬉しさも、負けたときの悔しさも、
みんな大事な経験になると思うのです。

ゆきぽんはダンス、かけっこ、玉入れ、大玉ころがしに出場。
それ以外にも応援合戦など頑張っていました。
ダンスは家でぽーちゃんに教えながら踊っていただけあって
とっても上手にできました♪

保育園のときは年長さんでおおいばりで鼓隊なんかやって
みんなに「年長さんはしっかりしてる!」と尊敬されていたのに、
小学校に入った途端に「1年生はかわいいね~」という扱いなのが
なんだか面白かったです。

しかし4年生以上は本当に大きくて、
同じ体操服を着ているのが不思議なくらい。
競技もすごく迫力があって、
特に6年制の騎馬戦はすごくかっこよかったです。
闘志むきだしの女子がいさましかった☆

さて、一方かわいい1年生のかけっこ。
ゆきぽんは事前の予告通り、4位。4人中(苦笑)
どうもスタートから力いっぱい走るという
力加減がイマイチわかっていないようです…。
公園で走ったりするときはそんなに遅く感じないのになあ。
甥っ子、姪っ子は走るのがすごく早いので、
また教えてもらわなきゃ。
(ここは私は教えてあげられないのです。残念ながら。笑)

午前中の競技が終わったときに、まさかのダンナ様登場。
仕事の合間にちらっと顔を出してくれました。
でも午後までいる時間はなく、ゆきぽんに顔だけ見せて退場。
なんだかんだで優しいとこあるよね。たまには。

そういえば平日の開催なのに、お父さんが結構来られていました。
子どもの運動会で」仕事を休めるなんてスバラシイ。
家族を大切にできる会社、万歳!ブラボー!ハラショー!←久しぶり

さて気を取り直して、小学校の運動会というと
お弁当をみんなで食べるイメージなのですが、
ゆきぽんの小学校では、
親たちと子どもたちは別々に食べることになっていました。
今はどこもそうなのかな?大阪だから?
しかも平日なので給食。なんか変。
親たちは適当に周辺のお店や自宅で食べて戻ってきます。ゆるい。
でも、保育園に比べると楽だ…。

さて、午後からまた競技開始。
次はPTA競技、ということでぽけーっと立っていたら
PTA副会長をしているママ友に「あ、出て出て!」と
いきなりさらわれました。
ワタクシ、まさかの運動会デビュー(笑)
玉入れなんて、やったの何十年ぶり…?
結構楽しみました☆

1年生の玉入れは相変わらずわちゃわちゃ(笑)してましたが
無事終了。
そして運動会のハイライトは6年生の演技で、
ダンスと組体操が一緒になったような演目でした。
結構難易度の高そうなポーズが多く、感心。
最後は全員で大ピラミッドを作って、無事成功。
親ごさんたち&先生方は泣いてましたよ…。
今時の小学6年生でもこんなに力を合わせて頑張ってるんだなあと
なんだか感動しました。

ゆきぽんもいつかは6年生になるんだろうなあ。
想像できない…。

久しぶりに会うお母さんたちとおしゃべりしたり、
自分の小学校の運動会や中高の体育祭を思い出したり、
色々と実り多い運動会でした♪
次はぽーちゃん、何ができるのやら、楽しみです?

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児
前の5件 | - へなちょこ子育て<6歳/2歳> ブログトップ
メッセージを送る