So-net無料ブログ作成
検索選択
おすすめえんため ブログトップ
前の5件 | -

今さらのときめき♪ [おすすめえんため]

タイトルだけ見たら、なにやら「昼顔」の気配ですが…(もう古い?)
そんなことは全くございません。
もしあったら書けないだろう(笑)

では何にときめいたのか。
それはコチラ!

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

  • 作者: 近藤 麻理恵
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2010/12/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


こんまりさんこと近藤麻理恵さんの
「人生がときめく片づけの魔法」です。

一時期話題になったので、「今さら」ですが。
図書館の棚にぽん、と置いてあったので
「あれ?予約でいっぱいじゃないの?」と疑問に思いつつ
普通に借りてみました。

読んでみるとあら不思議、片づけたくて仕方ない。
「こんまり信者」の友達の気持ちがよくわかりました(笑)

ある日、少しまとまった時間をとって、
「服祭り」を開催しました!

まず、持っている衣類を全部床に置くという作業を開始。
寝室のクローゼット以外に、子ども部屋のクローゼットにも
コートや季節外れの服を置いていたので、それを全て移動。
トップススカートワンピース、パンツ、コートなどのアウターに加え
下着類からベルトやストール、バッグまで。
面倒ですが、すべてを出してやったーという達成感で
この時点でかなり気分は爽快に。早い。

次に、出した衣類をひとつひとつ手で触り、
「ときめく」「ときめかない」を判断していきます。
最初は「ときめく…かなあ…」とあやふやだったのが、
だんだん「ときめかない!」と判断するのが快感に。
ときめかないモノも、今までありがとうと感謝して
潔く処分します。
初日はここで時間切れ。
寝る場所を確保するため、すべてを一時避難させました(笑)

さて「服祭り」2日目。
選んだ「ときめくモノ」たちをきちんと畳んで、収納していきます。
畳み方としまい方にもこんまりさん流のコツがあるので、
それに従いながら粛々と作業。
そのうち、一枚一枚丁寧に畳んでいる自分が
修行をしているような神聖な気持ちになりました。

そして、作業が終了。
自分の衣類をすべて寝室のクローゼットに収めることができて、
かつ衣替えも不要な収納を完成させることができました!

自分で選んだモノだけがきちんと並んだクローゼットを見ると、
本当にとっても「ときめく」のです☆
それは、自分で選んだものだけがきれいに収まっていて
少なくともここだけは自分の思い通りにできたという自信と達成感。
服選び、出し入れのストレスもなく、片づけも楽。
3階の寝室に向かう足取りも軽やかになった気がします。単純。

家中にこんな空間を作ることができたら
きっと日常生活もときめくんだろうなあ…。
次は「本祭り」。
年内開催が目標です!

こんまりさんの本を読むと
方法が具体的に書いてあるので、
チャレンジ精神がかきたてられます。
少し前に結婚されたようなので、
これからダンナ様のモノや子どものモノをどう片づけていくのか、
ますます楽しみです♪
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ダニエル・キイスに花束を [おすすめえんため]

ダニエル・キイスさんが亡くなったというのをニュースで知りました。


高校時代、「5番目のサリー」「24人のビリー・ミリガン」などの
多重人格モノにハマって読んでいたことを
懐かしく思い出しました。
最初のきっかけは氷室京介さんの楽曲ですが☆


「アルジャーノンに花束を」久しぶりに読み返してみようかな。
ご冥福をお祈りします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ほめて♪ [おすすめえんため]

パタヤビーチへ、ようこそ~(アイアイアイアイアイ、ほめて♪)
※わかるひとだけ笑ってください

最近、図書館で何気なく借りた本で、
ぐっときた場面をご紹介。

疲れているなと感じるときに作者さんがとる、
なんともかわいらしい行動。
それは、ダンナ様に「ちょっと、ほめてほしいんだけど……」と申し出るのです。
以下、引用。

そんなことを急に言われた彼が、こちらの機微に合うほめかたを知るわけもなく
「毎日頑張ってると思う」「う、うーん」
「体だけは壊さないで頑張ってほしい」
「うれしいけど、もっとぐっとほめる感じで」「……」
「俺だけはちゃんと見てるよ、みたいな視点を織り交ぜつつお願いします」
「わ、わかるかい!」
そんな調子で半ば強制的にほめてもらいます。
そのやりとりの滑稽なことは言うまでもありませんが、
私はほめてほしいのだから、なんだか満たされる。
というより素直になった時点で気持ちが軽くなる。

…以上。
なんだかかわいいやりとりだなあ、とほっこり。
その手があったか、なるほど。

以下、さらに引用。

女の人が大人として頑張れば頑張るほど、
単純なことを言える場が少なくなります。
休みたい、ほめられたい、楽をしたい……。
口にできない稚拙な要望を
「我慢」と「不満」に分かつのは、
自分の体調やその時の感情です。
元気なら「我慢」と処理できることも、
調子が悪ければ「不満」となって気持ちに残る。
なんともあいまいな話です。
ここにこそ自我でもって対処する賢さと、
実行する鈍さが必要ではないかと思うのです。

以上。
なるほど!我慢と不満はそこが違ったのか~。
日頃なんとなく感じていたことを
くっきりと言葉にしてもらったようで、スッキリ

大事なことは「疲れている」「ほめてほしい」自分を
素直に認めて、誰かに甘えることなんだな。

レシピ投稿サイト「クックパッド」がこんなに一気に広まったのは、
自分では料理に自信があっても
家族からはちっともほめてもらえない主婦のみなさんが
ほめられる場を与えられたからかな、と。
「イイネ!」がほしいのも同じこと。
そういった意味では、
一般のひとが気軽に自分を表現できるようになった
インターネットの功績は大きいのかもしれません。

でも、顔も知らない誰かにほめられるより、
身近なひとにほめられたいよね。本当は。

私もダンナ様に文句ばっかり言わないで、
たまには「ほめて♪」って言ってみようかな。
きっとピント外れなほめかたするんだろうな(笑)

さて、上記の文章を引用させてもらった本はこちら。

川上ユキ「イロハのインテリア

イロハのインテリア―直径50cmからの部屋づくり

イロハのインテリア―直径50cmからの部屋づくり



まさかのインテリア本かい!という突っ込みは
甘んじて受けます。甘受。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

終わりは始まり [おすすめえんため]

大層なタイトルですみません(先に謝る。笑)
そんな重い話ではありませぬ。


先日、ようやくハリー・ポッターの最終巻を読み終えました。
もうもう、2晩かけて一気読み(表現がおかしい)。
最後の方は家族が寝てる部屋で一人でまた号泣(笑)
あとがきまで読んで、ああ、ついに終わったなあ、と感無量…でした。

返却に間に合う限り、
また最初から読み返すつもりです。
基本、本は二度読みなので←どうでもいい情報

ちなみに図書館では2週間で一人8冊まで本を借りられるようになっていて
以前は子ども用に7冊借りて自分用は1冊にしていたのですが、
今回は4冊が私のための本。
内訳は「ハリー・ポッターと死の秘宝」上下巻と
通勤用の文庫が2冊です。

はい、大人げないです。


さて、それとは別に
長年愛読してきたとある小説シリーズが最近完結しました。
私がその小説に出会ったのは確か小6の時だったので、
およそ四半世紀の付き合いです。長。

この小説との出会いで、その後の人生が変わったとまでは言いませんが、
新しい世界が広がり、価値観は確実に変わりました。
とうとう終わってしまったのね…と淋しい気持ちになりつつ、
実はまだ続くんじゃないかな…なんて淡い期待をしつつ。

こちらもいずれシリーズの最初から読み返したいなと思っています。
時間かかるだろうけど…。

ひとつの物語が終わって、
また新しい物語が始まる。
終わるからこそ始まることもあるのかな、と漠然と考えています。

2月もあと9日。
丸二年続けてきた授乳ももうすぐおしまいです。
うちの赤ちゃん時代は本当に終わるんだなあと
淋しいような、複雑な気持ち。
でもそれからまた新しい関わり方が始まることを
楽しみたいものです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

号泣。 [おすすめえんため]

久しぶりに泣きました。
それはもう、呼吸困難になるくらい。

「ハリー・ポッターと謎のプリンス 下」を読んで。

…どこから突っ込んでくださってもいいですよ?

とりあえずいまさらハリーですみません。
(ジローか。古)


ハリー・ポッターシリーズは「炎のゴブレット」まで読んだところで
私生活があわただしくなり、
完結したのを知りつつ最近まで手をつけられず。


図書館通いを始めたのをこれ幸いと
未読だった「不死鳥の騎士団」から借りて読み始めたのでした。


ちなみに映画も原作を読んでから観ていたので
「炎のゴブレット」で止まっています…。


最終巻まで読んだらいつか全巻揃えようかな。
子どもたちにも読ませたいし。

私は基本的に本は読んでみて内容を確かめてから買うことが多く、
表紙買いや作者買いは滅多にしません。
所有する本は厳選したいので。

なので読書家の友達に本を借してもらうことが多く、
自分では選ばないようなジャンルの本が
意外と面白いことも。
まあ、胸を張って言うことではありませんが。


しかし。
夜中に、図書館で借りた「ハリー・ポッター」を、
子どもたちが寝ている横で、ブックライトの明かりで読みながら
むせび泣く2児の母。
我ながら突っ込みどころ満載☆
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の5件 | - おすすめえんため ブログトップ
メッセージを送る