So-net無料ブログ作成
検索選択

40歳の私に「ぐっときた」ものたち【本・映画】 [おすすめえんため]

41歳になってはや1か月。 
やると決めたことを思い切って実行したり、 
はたまたやらなきゃなと思っていても 
結局着手できなかったりと 
全体的にはそこそこ安定した感じでしょうか(なんだその感想) 

そこで?突然ですが、 
40歳の間に読んだり観たりしたものから 
「ぐっときた」ものをいくつかご紹介します。 

★本★ 
☆「本屋さんのダイアナ」柚木麻子 
柚木麻子さんは 
「ランチのアッコちゃん」「3時のアッコちゃん」を読んで 
いいなあ、と思い、 
いいなと思うと「作者読み」してしまう性(さが)なので 
何冊か読んでみているうちに、 
この「本屋さんのダイアナ」に出合いました。 

女の子同士の友情って難しい。 
ちょっとしたすれ違いで疎遠になったり、 
ちょっとした勇気で復活したり。 
「赤毛のアン」ではアンが主役ですが、 
脇役とされるダイアナも 
本人にとっては自分が自分の人生の主役。 
そんな視点にはっとさせられ、ぐっときました。 
自分のコンプレックスが、ひとから見たら長所かもしれない。 
そんな希望も抱かせてもらえるような
素敵な本です。 

☆「模倣犯」宮部みゆき 
スペシャルドラマをきっかけに、 
今更ですが、読んでみました。 
やっぱり面白いな、宮部みゆきさん。さすがです。 
簡単に人を殺すことのないように、 
殺された側の気持ちを知ってもらうために 
全ての高校生くらいの子どもたちに読んでほしいと思った本です。 

☆「白い巨塔」山崎豊子 
こちらも今更ですが。 
久しぶりに骨太の小説が読みたくなりまして。 
やっぱり骨太でした(なんだその感想)。 
以前、唐沢寿明さん主演でドラマ化されていたものを 
観た記憶がありますが、 
本の方がやはり内容に厚みがあって面白かったです。 
ちょうど木村拓哉さんの医療ドラマが放映中だったので、 
このキャストで「白い巨塔」でも面白かったのではと 
勝手に妄想していました。 

★漫画★ 
☆「秘密」清水玲子 
こちらは映画化とは関係ありません(笑) 
この作者の漫画は、以前「月の子」を持っていました。 
お話も面白いですが、カラーの絵がとっても綺麗な方です。 
「秘密」は読んだことがありつつ途中で止まっていたので 
いつか読もうと思っていたところ 
お友達が貸してくれました。 
子どもを殺された母親が、高齢になってから 
犯人に遭遇し、復讐する回が泣けました。 
人殺しの脳内は見たくも想像したくもありませんが 
事件解決に役立つなら、こんな技術もありなのかも。 
ちょっと表現がグロテスクなので、苦手な方は要注意。 

★映画★ 
☆「ツレがウツになりまして。」 
子どもが生まれてから映画館で映画を観ることはほとんどなく、 
40歳の間に観たのは「ファインディング・ドリー」と 
「POSTSCRIPT」(氷室京介のドキュメンタリー)だけでした。 
なので、これは深夜に地上波で放送されていたものです。 
しかもダンナ様が予約録画していたので 
一瞬「大丈夫かオット?」と思いました(笑) 
噂には聞いていましたが、とにかく堺雅人さんがいい! 
うつ病の夫を支える妻役の宮崎あおいさんも自然で素敵でした。 
夫婦で支えあっている感じがとってもよかったです。 
自分だったらどうだろう、と考えてしまいました(笑) 

長くなったので、続きは次回に。 

メッセージを送る