So-net無料ブログ作成
検索選択

今さらのときめき♪ [おすすめえんため]

タイトルだけ見たら、なにやら「昼顔」の気配ですが…(もう古い?)
そんなことは全くございません。
もしあったら書けないだろう(笑)

では何にときめいたのか。
それはコチラ!

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

  • 作者: 近藤 麻理恵
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2010/12/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


こんまりさんこと近藤麻理恵さんの
「人生がときめく片づけの魔法」です。

一時期話題になったので、「今さら」ですが。
図書館の棚にぽん、と置いてあったので
「あれ?予約でいっぱいじゃないの?」と疑問に思いつつ
普通に借りてみました。

読んでみるとあら不思議、片づけたくて仕方ない。
「こんまり信者」の友達の気持ちがよくわかりました(笑)

ある日、少しまとまった時間をとって、
「服祭り」を開催しました!

まず、持っている衣類を全部床に置くという作業を開始。
寝室のクローゼット以外に、子ども部屋のクローゼットにも
コートや季節外れの服を置いていたので、それを全て移動。
トップススカートワンピース、パンツ、コートなどのアウターに加え
下着類からベルトやストール、バッグまで。
面倒ですが、すべてを出してやったーという達成感で
この時点でかなり気分は爽快に。早い。

次に、出した衣類をひとつひとつ手で触り、
「ときめく」「ときめかない」を判断していきます。
最初は「ときめく…かなあ…」とあやふやだったのが、
だんだん「ときめかない!」と判断するのが快感に。
ときめかないモノも、今までありがとうと感謝して
潔く処分します。
初日はここで時間切れ。
寝る場所を確保するため、すべてを一時避難させました(笑)

さて「服祭り」2日目。
選んだ「ときめくモノ」たちをきちんと畳んで、収納していきます。
畳み方としまい方にもこんまりさん流のコツがあるので、
それに従いながら粛々と作業。
そのうち、一枚一枚丁寧に畳んでいる自分が
修行をしているような神聖な気持ちになりました。

そして、作業が終了。
自分の衣類をすべて寝室のクローゼットに収めることができて、
かつ衣替えも不要な収納を完成させることができました!

自分で選んだモノだけがきちんと並んだクローゼットを見ると、
本当にとっても「ときめく」のです☆
それは、自分で選んだものだけがきれいに収まっていて
少なくともここだけは自分の思い通りにできたという自信と達成感。
服選び、出し入れのストレスもなく、片づけも楽。
3階の寝室に向かう足取りも軽やかになった気がします。単純。

家中にこんな空間を作ることができたら
きっと日常生活もときめくんだろうなあ…。
次は「本祭り」。
年内開催が目標です!

こんまりさんの本を読むと
方法が具体的に書いてあるので、
チャレンジ精神がかきたてられます。
少し前に結婚されたようなので、
これからダンナ様のモノや子どものモノをどう片づけていくのか、
ますます楽しみです♪
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る